尼崎市・武庫之荘駅前の歯医者さん・矯正歯科・予防歯科・審美歯科

ハイズ歯科・矯正歯科クリニック

阪急武庫之荘駅から徒歩2分 アクセスはこちら
ご予約06-6432-8100
診療時間 9:00〜13:00 / 14:30〜19:00(水・日・祝を除く)/ 土曜日も19時まで診療しています
林 大祐 院長

矯正歯科って? 歯並びが気になるあなたへ

1. はじめに ー 当クリニックの歯科治療にかける想い ー

私は、患者さまとお互いに信頼関係を築き、歯に関心をもっていただきお互いが納得できる治療をやり続けることを目標としています。「治療を早く終わらせたい」、「そんなに治療に時間が使えない」、「歯にそこまで価値観を見いだせない」 という患者さまには不向きな歯科医院かと思います。

しかしながら 「時間をかけて丁寧に治療したい」、「しっかり治療したい」「歯を健康な状態で維持しつづけたい」 という患者さまには当クリニックは、最適の歯科医院であると思います。

スタッフ一同、みなさまの人生をより豊かにするお手伝いをさせていただきたいと思っております。

2. 当院の矯正治療にかける想い

見た目においても 日常生活においても 満足できる矯正を

矯正治療を選択された患者さまに対して、私が最も考えていることは、審美的(見た目)はもちろん、機能的(喋りやすくなったなど)にも満足していただきたいということです。

当院の矯正治療にかける想いとは、『歯並びが気になって笑えない』、『口元にコンプレックスを持って悩んでいる』このような悩みをできる限り払拭してさしあげたいというものです。

抜歯の可能性を減らし、健康な歯を残すよう努力します

「矯正って歯を抜くんでしょ?」 と思っていらっしゃる方がいると思います。
一般的に、歯列完成後のワイヤーを使った矯正治療では、歯を並べるスペースを作るために抜歯をすることがあります。しかし、歯列完成前に行う矯正は、歯の土台そのものを拡大することができるため、将来に歯を抜いたりエナメル質を削合したりする確率を減らすことができます。

矯正治療には、しっかり噛める噛み合わせを作り、咀しゃく機能を向上させるといった重要な目的があります。

3. 歯並びが悪いと、こんなことになります!

虫歯や、歯ぐきの病気になりやすい
歯が重なりあっていたり、かみ合わない歯があると、食べ物のカスがたまりやすい上、歯みがきがしにくく虫歯や歯ぐきの病気にかかりやすくなります。
正しくはっきりとした発音がしづらい
極度の出っ歯、上下の歯がかみ合わない、受け口、等の場合、電話での会話や外国語を話す時の正しい発音ができずに 相手に意味が通じないことがあります。
顎(あご)の成長を妨げる
歯並びが悪いと、顎(あご)の成長にも影響し、上下の顎(あご)のバランスが 悪くなったり、顔が左右対称でなくなったりします。
心理的な影響を与える
歯並びの悪さを気にして、人前で話すのが苦手になったり、容姿を気にして友達づきあいが消極的になってしまう傾向があります。
肩こり、頭痛の原因にも…
歯並びは骨格に影響しています。姿勢が悪くなって、肩こりや偏頭痛を     引き起こしてしまうことがあります。もちろん肩こりや偏頭痛の原因は 歯並びの悪さだけではありませんが、歯列矯正によって肩こりが治ったり、偏頭痛が軽くなる場合があります。
DSC_5510  DSC_5509

4. 悪い歯並びの種類

叢生 (八重歯、乱杭歯)

歯が重なり合って生えている状態を叢生(そうせい)といいます。
いわゆる、八重歯(やえば)や乱杭歯(らんぐいば)のことです。
一般的に、犬歯が飛び出しているケースが多いです。
原因としては、歯が非常に大きいか、顎(あご)が小さいことなどが考えられます。
こういう歯並びの方は、歯みがきがしづらい為、虫歯や歯周病になりやすいです。

上顎前突 (出っ歯)

上の歯が前に出ている噛み合わせのことをいいます。
別名、上顎前突(じょうがくぜんとつ)といいます。
上の前歯が飛び出ているために、口が閉じにくかったり、笑うと上の歯ぐきが出てしまうケースが多いです。
前歯が出ているため、歯ぐきが乾いて歯周病にもなりかねません。
子供の頃からの、早めの治療をお勧めします。

下顎前突 (受け口)

下の歯が上の歯より前に出ている噛み合わせのことをいいます。
別名、下顎前突(かがくぜんとつ)といいます。
受け口は、下顎が大きすぎるか、上顎が小さいことが原因です。
また、内分泌系の病気が関係していることがあります。
軽度の場合は、抜歯をせずに簡単に治療する方法もありますが症状の目立つ方は、手術によって治療する場合もあります。

開咬 (かいこう)

奥歯で咬んでも前歯は噛んでおらず、上手く噛めない、また口が閉じにくい状態を開咬(かいこう)といいます。
ラーメンやうどんを食べても、前歯で麺が噛みきれません。
舌癖(舌を噛んだり食物を飲み込む時に舌がでる)や指しゃぶりなどの癖が原因です。このような場合、骨格的に問題があるケースが多々あります。

空隙歯列 (すきっ歯)

すきっ歯は、空隙歯列(くうげきしれつ)といい、歯と歯の間があいていて、食べ物がはさまったり前歯のすき間が目立ってしまう、といった悩みがあげられます。
顎(あご)の大きさに対して、歯のサイズが小さいことや、先天的に歯の本数が足りないことなどが原因にあげられます。
また、そのすき間に無意識のうちに舌を押しつけて症状が悪化する場合があります。

5.当クリニックの矯正治療の流れ

1.来院・カウンセリング予約

直接ドクターのカウンセリングを受けたい方、また、具体的に治療をお考えの方は、お電話や直接受付にてご予約ください。

facilities_05

2.来院・カウンセリング

実際にお口のなかの状態や歯並びを診て、患者さまの不安や疑問にお答えします。

facilities_04  _MG_7415

3.精密検査

詳しい診断と矯正治療の計画を立てるために精密検査をします。歯や顔の写真を撮ったり顎(あご)の骨のレントゲン撮影、歯型取りなどとともに、顔と口元のバランスを診て噛み合わせの検査などを行います。

ceph

4.検査結果の説明

検査結果をもとに、今後の治療方針や期間・費用などを詳しくご説明します。
患者さま一人ひとりのご希望を伺いながら、症状に合った治療方法や装置を話し合って決めていきます。

5.矯正前の治療

虫歯などがある場合には、装置を装着する前に治療します。抜歯の必要がある場合は装着前に抜歯します。

6. 矯正装置の装着

目的に合わせて装置を装着します。
装着後は、ワイヤーの調節や、歯の状態をチェックするために1ヵ月に一度程度の通院が必要です。

metalcelamic

7.装置の撤去

装置をはずして、歯の表面をきれいに研磨します。

8.保定 (リテーナー装置)

歯の移動が完了したら、歯が元の位置に戻るのを防止するために リテーナーという保定装置をつけます。リテーナー装着中も、3ヵ月から6ヵ月に一度の割合いで通院し、歯並びの状態をチェックします。

retainer

9. 治療終了

矯正治療が終わっても半年に一度は定期検診してきれいになった歯並び・噛み合わせを維持していきます。

“6. こども矯正”について

こども矯正(混合歯列期の矯正)ってなに?

当クリニックの矯正では、小学生低学年(混合歯列期)のお子さま向けに、必要な方には歯列拡大矯正や、咬合誘導を推奨しています。
成長期のお子さまの、歯を支えている上顎・下顎の大きさやバランスが悪い場合には顎(あご)や顔面の成長・発育の促進または抑制をすることで、噛み合わせを整えます。

時期は前歯が2本から4本生え始めた頃にご相談ください。受け口のお子様や顔が左右非対称の場合など、早めの治療を行ったほうがよいことがあります。

一般的な、ワイヤーを使用する治療方法については、開始時期は歯列完成時点のおおむね12歳となります。
しかし、その時点に治療自体を開始すると、顎の骨格が完成しているために、歯並びを治す方便として、歯を抜いたり削ったりしてスペースを確保せざるを得なくなる場合があります。

骨格と歯列の完成時期まで治療を待ってしまい、従来の矯正治療のみで歯の移動をおこなった場合には、理想的な位置に歯を並べることが出来ず、妥協的な治療になってしまうことがあります。そして、歯の後戻りも起こしやすい、というデメリットがあります。

矯正専門医は 「骨格的な問題を残したまま矯正治療を行った場合、理想的な歯並びになるのは、100人に1人の割合である」と言います。
どんなに腕の良い矯正専門医でも、自由自在に歯を動かせる訳はないのです。むしろ優秀な矯正専門医の方が矯正治療の限界を熟知しています。

骨格的な問題がある場合(特に受け口や乱杭歯・らんぐいば)には、小学校低学年からの咬合誘導(こうごうゆうどう)が重要になってきます。

拡大矯正の代表的な装置

固定式拡大装置
上下の顎の大きさを合わせて乱杭歯(らんぐいば)を治します。
porter
ムーシールド
受け口を治す目的の装置です。早い段階での受け口治療は絶大な効果を発揮します。
moo

7. 歯列矯正を行う時期は?

最適な開始時期は、それぞれのケースにより異なります。

まだ乳歯しか生えていない時期でも、できるだけ早く治療しなければならない場合もありますし、永久歯に全部生え変わってから一度に治療した方がよい場合もあります。
何歳のときでも――「おかしいな!」 と思ったら、すぐに歯科医に相談し、診察を受けるのが最良の方法だといえると思います。

『矯正治療ができるのは子供のときだけ』 とお思いではありませんか?
今は、たくさんの大人のかたが矯正治療を受けています。きれいな歯並びは、他人の目にも良い印象を与えます。

8. 費用について

自費診療になります。(2015年7月現在)

初診相談: 無料

精密検査:¥15,000(税抜)

診断: ¥5,000(税抜)

子供の矯正(Ⅰ期治療:混合歯列期): ¥300,000(税抜)

大人の矯正(Ⅱ期治療:永久歯列期): ¥600,000〜(税抜)

調整料・経過観察料: 別途 ¥3,000〜¥5,000(税抜)

9. 最後に

矯正治療は、時間のかかる治療です。

その分、患者さまにも忍耐が必要となってくる治療ですので、「歯科医師と患者さまとの二人三脚での協力」 が必要であると、私は思っています。矯正治療をご検討されている方は、ぜひ、じっくりと考えてください。患者さまの納得が必要な治療ですので、当クリニックでは、矯正治療をするかどうか迷われている段階でのご相談を、無料でお受けしております。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

投稿日
2015年2月27日
最終更新日
2015年12月24日