当院における滅菌・消毒について

当院における滅菌・消毒について

当院では院内感染を防ぐために様々な「滅菌・消毒」を徹底しています。

スタンダード・プリコーションとは、感染症の有無に関わらず、あらゆる患者様に対して普遍的に適用される予防策です。「汗を除くすべての血液、体液、分泌物、損傷のある皮膚・粘膜は感染性病原体を含む可能性がある」という原則に基づき、滅菌・消毒を徹底し感染リスクを減少させます。

使用した治療器具を超音波洗浄やタカラベルモント社製医療用洗浄機「速洗」で複雑な構造の器具も徹底洗浄します。家庭用食器洗い機は油汚れをターゲットとしたもので、たんぱく質が凝固しないような温度管理などたんぱく質汚れの除去に特化したものです。パワフルな水圧と、歯科特有のたんぱく質をターゲットにした専用洗剤を使用します。手洗いとは異なり抜群の洗浄効果があります。

当院では開業以来タービンなどの切削器具にNSK社製 iCareのハンドピースの自動洗浄・注油システムを採用。機器の内部まで徹底的に洗浄します。

その後、yuyama社製全自動高圧蒸気滅菌器とMORITA社製の2台の滅菌機を使い分け、患者様ごとに滅菌された器具を使用しています。

 

院内感染予防のため、できるだけ使い捨ての製品(紙コップ、エプロン)を採用しています。術者やアシスタントのグローブも患者様ごとに使い捨てにしています。

また診療ユニットの術者やアシスタントが触れる部分にはバリアフィルムを貼って使用しています。使用後のユニットはアルコール消毒をしております。