義歯

当院の入れ歯治療Denture

快適に使えるオーダーメイドの入れ歯

入れ歯がズレる、外れる、硬いものが噛めないなど、入れ歯に関する悩みは尽きないものですよね。そんな合わない入れ歯にお困りの方には、オーダーメイドの入れ歯治療がおすすめです。当院では、あなたにぴったり合う精密な入れ歯を提供できます。

ご要望に沿った入れ歯製作

現状とご要望をお聞かせください

現状とご要望をお聞かせください

始めに、今お困りの点と入れ歯治療に対するご要望をお聞かせください。お口の中を拝見
した上で、あなたに最適といえる治療法をご提案します。初めて入れ歯を製作される方は、入れ歯治療に関する疑問や不安なども併せてお伝えください。どんなことでもわかりやすくお答えします。

入れ歯の種類

入れ歯は、部分入れ歯と総入れ歯の2種類に分けることができます。

部分入れ歯

部分入れ歯

歯を1本から複数本失った場合に適応される入れ歯です。歯の代わりとなる人工歯、歯茎を補う義歯床(ぎししょう)、入れ歯を残存歯に固定するクラスプから構成されています。

保険適用の場合

クラスプは金属製

保険適用外の場合

クラスプがないものを選択可能

総入れ歯

総入れ歯

すべての歯を失った場合に適応される入れ歯です。歯の代わりとなる人工歯、歯茎を補う義歯床(ぎししょう)から構成されています。口腔内には粘膜の吸着力で維持します。

保険適用の場合

人工歯と床はレジン

保険適用外の場合

金属床などを選択可能

保険と自費の違い

入れ歯は、保険診療と自費診療で以下に挙げるような違いがあります。

保険の入れ歯

保険診療では、人工歯と義歯床にレジンのみ用いることができます。部分入れ歯のクラスプは、金属材料に限られます。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

メリット デメリット
  • 費用負担を軽減できる
  • 故障した場合の修理が容易
  • 治療期間が比較的短い
  • レジンは臭い、汚れを吸着しやすい
  • 変色や摩耗が起こりやすい
  • 義歯床が厚く、違和感が大きい
  • 食べ物の温度が伝わりにくい
自費の入れ歯

保険診療では、使用できる材料に制限はありません。臭いが付きにくい素材や温度が伝わりやすい金属床を選択することが可能です。クラスプのない部分入れ歯も設計できます。審美性や機能性を追求したオーダーメイドの入れ歯をご希望であれば、自費診療がおすすめです。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

メリット デメリット
  • 金属床は食べ物の温度が伝わりやすい
  • クラスプのない入れ歯は目立ちにくく、装着感も良好
  • 見た目や噛み心地を本来の歯に近づけることができる
  • 全額自己負担となる
  • 治療期間が比較的長くなる

取り扱いメニュー

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

クラスプ(金属製の留め具)がない部分入れ歯です。歯に固定する装置は自然な形態をしており、違和感が少ないです。ピンク色でやわらかい素材を使用しているため、歯茎と自然に調和します。装着時の痛みや異物感も少なくなります。

金属床

金属床

口腔粘膜に触れる部分が金属で作られている入れ歯です。歯科用合金は丈夫なので、保険入れ歯の3分の1程度まで薄くできます。熱伝導率が高く、食べ物の温度を感じやすいため、食事がより楽しくなります。使用するのはチタン合金であり、金属アレルギーのリスクは少ないです。

より精度の高い入れ歯を作るために

プロフェッショナルな技工士との連携

プロフェッショナルな技工士との連携

入れ歯は、歯科医師だけは製作できません。実際に手を動かす歯科技工士の力が不可欠なのです。当院では、より精度の高い入れ歯を作るために、信頼できるプロフェッショナルな歯科技工士・技工所との連携体制を整えております。不定期ではありますが、歯科技工士が当院まで足を運んで、直接患者さまと対話し、その場で入れ歯の調整を行うこともあります。

入れ歯を長持ちさせるために

適切なケアと定期的なメンテナンス

適切なケアと定期的なメンテナンス

入れ歯を長く使い続けるためには、適切なケアが不可欠です。毎日の洗浄で入れ歯自体を清潔に保つことはもちろん、お口の衛生状態も良好に保ちましょう。むし歯や歯周病にかかると口内環境が変化して、入れ歯が合わなくなります。

セルフケアでは落とせない汚れは、歯科医院でのプロフェッショナルケアに任せましょう。入れ歯製作後も定期的にご来院いただければ、装置のメンテナンスやクリーニングを実施いたします。当院では、入れ歯の清掃を効率的に行うためのケアグッズも取り扱っておりますので、気になる方はいつでもお気軽にご連絡ください。