治療費用

当院の治療費用についてFee

料金表

ホワイトニング
オフィス30分お試しコース
医院にてホワイトニングを行うコース
ー円
オフィス45分スタンダードコース
医院にてホワイトニングを行うコース
ー円
ホーム両顎 医院にて両顎のオーダーメイドトレーを作製
これを使用してご自宅にてホワイトニングします
25,000円
ホワイトニングでの薬の追加 5,000円
ディアルコース1 オフィス45分スタンダードコース 3回 40,000円
デュアルコース2 オフィス45分スタンダードコース+ホームホワイトニング 薬1ヶ月分付き 45,000円
詰め物・かぶせ物
浅い虫歯の詰め物(インレー)

※表は左右にスクロールして確認することができます。

名前 写真 審美性 耐久性 特徴 金額
オールセラミック セラミック ★★★★ ★★★★ 透明感があり変色しない。
プラークがつきにくい。
e-max:50,000円
ジルコニア:55,000円
ハイブリッドセラミック ハイブリッドセラミック ★★★ ★★★ セラミックとプラスチック特性をもつ中間型です。
従来のプラスチックの欠点である水分の吸収や摩耗を改善。
35,000円
ゴールド ゴールド ★★ ★★★ 高精度で適合性が高い。
天然歯に近い硬さなので対号歯をいためない。
小臼歯:40,000円
大臼歯:50,000円
深い虫歯の詰め物(クラウン)

※表は左右にスクロールして確認することができます。

名前 写真 審美性 耐久性 特徴 金額
オールセラミック オールセラミック ★★★★ ★★★★ 全体がセラミックで出来ています。自然に近い色。
プラークがつきにくい。金属を使用しないので身体に優しい。
ジルコニアボンド(前歯):
120,000円
オールセラミック:
100,000円
ジルコニア(臼歯):
80,000円
メタルボンド メタルボンド ★★★ ★★★ 天然色に近い色調。
プラークがつきにくい。
100,000円
ハイブリッドセラミック ハイブリッドセラミック ★★ ★★ セラミックとプラスチックの中間型です。
従来のプラスチックの欠点である水分の吸収や摩耗を改善しています。
70,000円
ゴールド ゴールド ★★★ 高精度で適合性が高い。
天然歯に近い硬さなので対号歯をいためない。
小臼歯:70,000円
大臼歯:100,000円
矯正治療
治療前
相談料 無料
精密検査料 20,000円
診断料 5,000円
Ⅰ期治療(子どもの矯正※乳歯列期)
ムーシルド 60,000円
経過観察料、調整料 2,000〜3,000円
Ⅰ期治療(子どもの矯正※混合歯列期)
施術料 300,000〜400,000円
調整料 3,000〜5,000円
Ⅱ期治療(成人矯正※永久歯列期)
施術料 Ⅰ期治療から継続の場合 300,000〜400,000円
Ⅱ期治療から開始する場合 600,000〜800,000円
調整料 4,000〜5,000円
白い装置 +50,000円
インプラントアンカー +15,000円/本
総入れ歯・部分入れ歯
コバルトクローム合金
総入れ歯 200,000円〜
部分入れ歯 200,000円~
純チタン・チタン合金
総入れ歯 250,000円〜
部分入れ歯 250,000円~
金・プラチナ
総入れ歯 400,000円〜
部分入れ歯 400,000円~
ノンクラスプデンチャー
金属・クラスプ・バネのない入れ歯 400,000円〜
片側(2歯まで) 50,000円~
両側(3~5歯まで) 100,000円~
両側(6歯以上) 200,000円~

医療費控除について

自分や自分と生計を一にする家族のために10万円を超える医療費をお支払された方は、医療費控除により所得税・住民税の優遇措置を受けることが可能です。

  • 対象となる医療費 ・・・ 保険診療の一部負担金、インプラント等の自由診療の治療費
  • 対象外の医療費  ・・・ ホワイトニング等、審美目的の治療にかかる医療費
医療費控除の計算方法

医療費控除の対象は、前年の1月から12月に支払った医療費です。

医療費控除分のお金が全額戻ってくるわけではありません。医療費控除分に見合う税額が戻ってきます。

確定申告書に医療費控除に関する事項を記載し、医療費の領収書を添付して所轄税務署長に提出してください。サラリーマンの方の場合は、源泉徴収票も添付する必要があります。

医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額(最高200万円)です

医療費控除の対象 = (実際に支払った医療費の合計額 – 保険金などで補填される金額 ※1) – 10万円 ※2

※1…生命保険の入院給付金、健康保険の療養費、家族療養費、出産育児一時金など
※2…その年の所得金額の合計額が200万円未満の人はその5%

★例:家族の医療費の合計額が12万円で、所得金額の合計額が200万円以上の場合

【家族の医療費 合計:12万円】-【10万円】= 2万円が控除の対象

医療費控除の申告の時期と手続き

確定申告の相談・申告受付期間は、2月16日から3月15日迄です。確定申告の用紙を記入後、所轄の税務署または申告会場にてご提出ください。インターネットや郵送による申告もできます。

申告に必要なもの・・・

  • 源泉徴収票・医療費の領収書・医療費控除の対象となる費用の領収書
  • 保険金などで補てんされる金額がわかる書類・医療費控除の内訳書・印鑑・確定申告用紙

記入すること・・・

還付金の振込先に指定する銀行名と口座番号

記入方法などご不明な点がございましたら、所轄の税務署にお問合せください。

※所轄の税務署について検索は、下記のURLをご覧ください。
【国税庁ホームページ】

クレジットカード対応可能

クレジットカード対応可能

当院では、治療費用をクレジットカードでのお支払いも可能です。

詳しくはスタッフまでお尋ねください。