小児矯正

子どもの矯正治療Child Orthodontic

お子さまにとっての最適な治療時期は、お子さまのお口の状態によって異なります。
場合によっては、永久歯がはえてから治療を始めた方がいいこともあるのです。
最も効果的な時期に治療を行えるように、まずは「早めにご来院頂き、歯科医師にお口の状態をチェック」してもらうことが最も重要だと考えています。
治療に対する患者さまの希望やお口の状態などを総合的に判断し、最良となる治療プランをご提案します。
どうぞ安心して治療にお臨み下さい。

矯正治療の区分

矯正治療の区分 矯正治療の区分

  • 早期治療

    主な症状

    受け口、顎が左右にズレている、咬み合わせが深い

    目的

    顎の成長を促し、咬み合わせを改善する

  • 期治療

    主な症状

    歯がガタガタに生えている、受け口、上下の咬み合わせが深い 奥歯で噛んでも前歯が大きく開いている

    目的

    将来生えてくる永久歯のスペースを確保し、 正しい咬み合わせになるよう誘導する

  • Ⅱ期治療

    主な症状

    歯がガタガタに生えている、受け口、上下の咬み合わせが深い 奥歯で噛んでも前歯が大きく開いている

    目的

    最終的な歯並びと咬み合わせの獲得、早期治療及びⅠ期治療の仕上げ治療

使用する主な装置について

第1期治療では、顎の成長や形態を改善するための装置を用います。ケースによっては、複数の装置を用いることもあります。

使用装置

使用装置

  • プレオルソ
  • リンガルアーチ
  • 上顎前方けん引装置
  • バイヘリックス
  • クワドヘリックス
  • ポーター
  • 症例の紹介

    受け口(反対咬合)
    • 治療前治療前
    • 治療後治療後
    年齢・性別 9歳・男性
    治療費用 Ⅰ期治療:
    300,000〜400,000円

    Ⅰ期治療から継続の場合:
    300,000〜400,000円
    リスク・副作用 最初は矯正装置による不快感、痛み等があります。
    叢生(そうせい)
    • 治療前治療前
    • 治療後治療後
    年齢・性別 8歳・女性
    治療費用 Ⅰ期治療:
    300,000〜400,000円

    Ⅰ期治療から継続の場合:
    300,000〜400,000円
    リスク・副作用 最初は矯正装置による不快感、痛み等があります。

    ご家族へのお願い

    ご家族へのお願い

    矯正治療は、お子さま自身のやる気だけでなく、ご家族の協力も必要不可欠です。矯正中
    にトラブルが生じた際には、しっかりサポートしてあげることが大切です。矯正を始めたばかりの頃は、嫌がることも多いかと覆いますが、優しく見守ってあげてください。

    また、矯正中はむし歯リスクが高まることから、お口や矯正装置のケアに細心の注意を払う必要があります。お子さまのひとり磨きはもちろん、親御さまによる仕上げ磨きも徹底して行うようにしてください。粘着性の高い食品など、矯正装置の破損につながる食事も控えるようにしましょう。