小児矯正

小児矯正Child orthodontic

お子さまの正常な発育にも貢献する小児矯正

歯並びに問題のある子が増えています

予防歯科が普及したことで、むし歯にかかる子どもは減ってきましたが、歯並びの問題は依然として残っています。これは偏った食生活や害のある口腔習癖などが目立つからです。とくにお口周りの筋力の低下が著しく、姿勢や呼吸をはじめ、知性や運動能力にまで悪影響を及ぼすケースが増えているのです。歯並び・かみ合わせの異常である「不正咬合(ふせいこうごう)」を引き起こさないためにも、お子さまのお口周りの異常には十分、注意する必要があります。

当院の小児矯正

当院の小児矯正

顎の骨を単純に拡大するだけでは、理想とする健康な歯並びは手に入りません。お口の機能・筋力のトレーニングも併せて行うことで、正しい発育へと導くことができるのです。具体的には、第1期治療で顎・舌などの口腔周囲の機能を改善して、第2期治療で歯を理想の位置へと移動します。その結果、正しい発育・発達が促され、後戻りすることのない美しい歯並びをお子さまにプレゼントできます。

第1期治療

第1期治療

永久歯が生え始め、乳歯と混在する「混合歯列期」の矯正治療です。すべての永久歯が正しい位置に生えるための土台を形成します。顎骨の発育をコントロールすることに加え、舌や口腔周囲筋の正しい使い方を身に付ける治療です。

第2期治療

第2期治療

永久歯が生えそろい、顎骨の発育が完了した段階でスタートする矯正治療する。いわゆる成人矯正もこれに該当します。マルチブラケット装置などを用いて、1歯1歯を理想の位置へと移動させます。

第1期治療の特徴

使用する矯正装置

第1期治療では、顎の成長や形態を改善するための装置を用います。ケースによっては、複数の装置を用いることもあります。

使用装置

使用装置

  • プレオルソ
  • リンガルアーチ
  • 上顎前方けん引装置
  • バイヘリックス
  • クワドヘリックス
  • ポーター
口呼吸のリスク

MFTは、口呼吸の改善にも寄与します。口呼吸を放置すると、以下に挙げるようなリスクが生じるため要注意です。

  • 風邪などにかかりやすい
  • むし歯や歯周病のリスクが高い
  • 顎周りに脂肪が付きやすい
  • 睡眠時無呼吸症候群のリスクが高まる
  • 姿勢が悪くなる
  • お口周りにシワが寄りやすくなる

ご家族へのお願い

ご家族へのお願い

矯正治療は、お子さま自身のやる気だけでなく、ご家族の協力も必要不可欠です。矯正中
にトラブルが生じた際には、しっかりサポートしてあげることが大切です。矯正を始めたばかりの頃は、嫌がることも多いかと覆いますが、優しく見守ってあげてください。

また、矯正中はむし歯リスクが高まることから、お口や矯正装置のケアに細心の注意を払う必要があります。お子さまのひとり磨きはもちろん、親御さまによる仕上げ磨きも徹底して行うようにしてください。粘着性の高い食品など、矯正装置の破損につながる食事も控えるようにしましょう。