矯正歯科

矯正歯科Orthodontic

見た目を美しく、心身も健康にする矯正治療

歯並びは心身の健康にも深く関係

歯並びは心身の健康にも深く関係

歯並びが悪いと、笑顔に自信が持てなくなりますよね。出っ歯や乱ぐい歯などが口元のコンプレックスとなり、自然に笑えなくなる人も少なくありません。そんな歯並びの乱れは、必ずかみ合わせの異常もつきまといます。

上下の歯が正常にかみ合わないことで、骨格的な異常を引き起こし、顔貌や姿勢を歪ませることがあります。噛んだ時の力が不均等に伝わることで、歯の破折や顎関節症、片頭痛、肩こりなどを発症させることもあるのです。

悪い歯並びが与える影響
見た目・心への影響
  • 口元のコンプレックスになる
  • 顔の骨格や顔貌がアンバランスになる
  • 発音障害が生じてストレスを感じる
身体への影響
  • そしゃく能率が低下して胃腸に過剰な負担がかかる
  • 顎関節症のリスクが高まる
  • 偏頭痛や肩こりの原因となる
歯への影響
  • 清掃性が悪く、むし歯、歯周病になりやすい
  • 歯の破折リスクが高まる
  • 歯の寿命が短くなりやすい

この中に、思い当たる点があれば、お気軽にご相談ください。歯並びのとの関連を調べた上で、解決法をご提案します。

矯正治療に年齢制限はありません

矯正治療に年齢制限はありません

矯正治療は、子どもだけのものではありません。大人になってからでも、矯正することは十分可能ですので、歯並びの乱れにお困りの方は、ぜひ当院までご相談ください。

子どもが受ける「小児矯正」は、第1期と第2期の2つに分かれています。第1期治療は、顎や口腔の正常な発育を促すことが目的であり、これに関しては年齢制限があります。具体的には、6歳前後から始めるのが望ましいです。

一方、第2期治療はいわゆる「歯列矯正」であり、細かい歯並びの乱れを整えることが主な目的となります。ですから、基本的には顎の発育が終わる頃に開始することとなりますが、それ以降であれば何歳になっても治療を受けることが可能です。

第2期治療の開始時期

第2期治療の開始時期は、以下の2パターンに分けられます。

12歳前後に開始

12歳前後は、第1期治療と第2期治療の移行期です。顎の骨はまだ発育途上にあるため、その力を利用したい場合はこの時期に第2期治療を実施します。

10代後半から成人後に開始

10代後半になると、口腔及び顎骨の発育は完了しています。歯並びを細かく整えることを主目的に、第2期治療を実施します。

当院の第2期治療について

当院の第2期治療について

当院では、従来のワイヤー矯正に加え、審美性に配慮したマウスピース矯正にも対応しております。その他、治療期間の短縮や効率化を図る処置なども併せて行っております。

マルチブラケット矯正装置

一般的には「ワイヤー矯正」と呼ばれる治療法です。歯を動かすためのワイヤーとブラケットを歯面に設置して歯列の矯正を行います。最も実績が多く、幅広い症例に対応できる矯正法です。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

メリット デメリット
  • ほんとどの歯並びに適応できる
  • 歯の移動を精密に行える
  • 広く普及した矯正法なので転院しても引継ぎしやすい
  • 審美性の高いワイヤー、ブラケットを選択できる
  • 固定式の装置であり治療中のケアが難しくなる
  • ワイヤーおよびブラケットが目立ちやすい
  • 治療結果は歯科医師の技術に左右されやすい
その他の処置
抜歯 インプラントアンカー
抜歯 インプラントアンカー

歯をきれいに並べるためのスペースが不足している場合は、抜歯を行います。可能な限り非抜歯矯正を心がけますが、診査診断の結果、どうしても抜歯が必要となることもありますので、ご理解ください。

顎の骨にネジを埋め込んで、固定源とする処置法です。歯の移動を効率良く行うことが可能となります。